保険のビュッフェのおすすめ「死亡保障付きの保険加入のメリット」

必要十分な保障額を確保

死亡保障付き保険加入のメリットは、遺された家族の生活を安定させられることにあります。その目的を果たすためには、必要十分な保障額を計算することが大切です。公的な保険や会社の保障制度が充実しているときは、あまり多額の保険に加入すると、保険料が高くつき家計に響いてしまいます。

しかし万が一の際に、生活費が足りなくなることは避けねばなりません。どの程度の死亡保障が適当かは、家族構成やライフプランによっても大きく変わってきます。保険のビュッフェの専門家とも相談して、慎重に判断しましょう。

 

終身保険と定期保険の併用

いわゆる生命保険には終身保険と定期保険があります。終身保険は解約したとき返戻金があり、貯蓄としても利用できますが、短期間で解約すると元本割れする可能性が高くなります。定期保険は掛け捨て型ですが、少額の保険料で大きな保障を受けられるのが特徴です。

そこで、たとえば独身時代に終身保険に加入し、結婚して子どもが生まれたら、幼いうちだけ定期保険を追加するといった利用方法も考えられます。いろいろなケースを想定し、保険のビュッフェでシミュレーションしてみれば、満足できるプランが見つかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です