収入保障型保険とは?保険のビュッフェに聞きたい、特徴と加入のメリット・デメリット

若い人にメリットがある保険

収入保障型保険は生命保険の一種で、死亡や高度障害が残ったときに保険金が出ます。一般的な生命保険は一時金で支給されるのに対し、収入保障型は毎月一定額が支給されます。死亡リスクは年齢に連動して上がっていきますので、若い人は保険料が安く、万一早く亡くなってしまっても、長期にわたって保険金を貰うことができます。

一度に大金が入ることはないので、使い過ぎを防いだり、現在貯蓄がない家庭に向いている保険と言えます。保険のビュッフェではこの保険についても十分な知識に裏付けられたアドバイスを受けることができます。

 

保険金が毎月支給される形が合わない人も

若い人の保険料が安いことが魅力的な保険ではありますが、一時金ではないデメリットも存在します。一時金で保険金が支給されると、手元に多額の現金が残ることになります。これを安定して運用すれば、長期的に保険金額を増やすことができます。通常の投資よりも損失に対してシビアになりますが、運用できる知識のある人にとっては分割して保険金が支払われることがデメリットになります。

保険のビュッフェは経験豊富なFPの方に相談することができますので、運用方法などを話すことで通常の生命保険と比較し、合った方を選択することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です