養老保険とは?保険のビュッフェに聞きたい、特徴と加入のメリット・デメリット

養老保険ってこんなもの

様々な種類がある生命保険の中に、養老保険という満期があるタイプの生命保険があります。この保険では、被保険者の死亡時におりる保険金と、満期の際におりる満期金が同じ金額で設定されており、死亡時には、終身保険などと同様に、保険金を受け取ることができ、生存状態で、契約の際に設定した期間を満了すると、満期金の受け取りをもって、以後の保障がなくなります。

貯蓄性が非常に高く、死亡保障もプラスできるという特性を持っているので、長期的に資産を形成したい方や、定期預金のように、堅実な預金をしたい方などに人気がある保険商品です。

 

加入によるメリットとデメリット

養老保険の一番の利点は、やはり、他のどの保険にも負けない貯蓄性の高さです。長期的な預金と考えれば、定期預金よりも高い金利で貯蓄することができる他、死亡時の保障を付加できる、保険ならではのメリットがある点で、使い勝手の良い保険と言えます。その反面、月々の保険料が高額になる可能性が高いことや定期保険と同じで、期間を満了してしまうと、一切の保障がなくなるという欠点があり、加入する場合は、他の保険と組み合わせる必要があります。

保険のビュッフェでは、一人ひとりに最適のプランを提案してもらえます。保険選びに迷われている方は、一度、保険のビュッフェの無料相談を利用されてみるのも一つの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です