保険のビュッフェの相談申し込みをしました

保険について知りたいときに

結婚して子供が生まれて、少しでも生活に余裕を持たせようとさまざまな部分を見直すことにしました。そこで気になったのが保険で、これまで気にしたことがありませんでしたが、それぞれ独身時代に加入していてダブルで違う保険業者に支払いを続けていました。

そこで主人と話して一つにまとめようとしたのですが、何を選んだらいいのかが分からず困ってしまいました。そこで保険のビュッフェに相談の申し込みをすることにして、予約を入れたところ、こちらの希望通りの日に可能と連絡があって、行くことになりました。

 

分かりやすい説明でした

子供が生まれたのをきっかけに保険を見直そうとして、分からず専門家の意見を聞こうと保険のビュッフェに申し込みました。そこでファイナンシャルプランナーさんに説明をしてもらったところ、私が加入していた保険は解約しても構わず、夫の方に付随するのが良いとアドバイスを受けました。

さらに夫の保険も独身の頃なので何かあった時に心配が残ると、さまざまなプランを提示してくれました。しかも月々の支払い額が減るのも嬉しく、納得したのでおすすめしてもらった保険に変更することにして、有意義なものとなって感謝です。

収入保障型保険とは?保険のビュッフェに聞きたい、特徴と加入のメリット・デメリット

若い人にメリットがある保険

収入保障型保険は生命保険の一種で、死亡や高度障害が残ったときに保険金が出ます。一般的な生命保険は一時金で支給されるのに対し、収入保障型は毎月一定額が支給されます。死亡リスクは年齢に連動して上がっていきますので、若い人は保険料が安く、万一早く亡くなってしまっても、長期にわたって保険金を貰うことができます。

一度に大金が入ることはないので、使い過ぎを防いだり、現在貯蓄がない家庭に向いている保険と言えます。保険のビュッフェではこの保険についても十分な知識に裏付けられたアドバイスを受けることができます。

 

保険金が毎月支給される形が合わない人も

若い人の保険料が安いことが魅力的な保険ではありますが、一時金ではないデメリットも存在します。一時金で保険金が支給されると、手元に多額の現金が残ることになります。これを安定して運用すれば、長期的に保険金額を増やすことができます。通常の投資よりも損失に対してシビアになりますが、運用できる知識のある人にとっては分割して保険金が支払われることがデメリットになります。

保険のビュッフェは経験豊富なFPの方に相談することができますので、運用方法などを話すことで通常の生命保険と比較し、合った方を選択することができます。

養老保険とは?保険のビュッフェに聞きたい、特徴と加入のメリット・デメリット

養老保険ってこんなもの

様々な種類がある生命保険の中に、養老保険という満期があるタイプの生命保険があります。この保険では、被保険者の死亡時におりる保険金と、満期の際におりる満期金が同じ金額で設定されており、死亡時には、終身保険などと同様に、保険金を受け取ることができ、生存状態で、契約の際に設定した期間を満了すると、満期金の受け取りをもって、以後の保障がなくなります。

貯蓄性が非常に高く、死亡保障もプラスできるという特性を持っているので、長期的に資産を形成したい方や、定期預金のように、堅実な預金をしたい方などに人気がある保険商品です。

 

加入によるメリットとデメリット

養老保険の一番の利点は、やはり、他のどの保険にも負けない貯蓄性の高さです。長期的な預金と考えれば、定期預金よりも高い金利で貯蓄することができる他、死亡時の保障を付加できる、保険ならではのメリットがある点で、使い勝手の良い保険と言えます。その反面、月々の保険料が高額になる可能性が高いことや定期保険と同じで、期間を満了してしまうと、一切の保障がなくなるという欠点があり、加入する場合は、他の保険と組み合わせる必要があります。

保険のビュッフェでは、一人ひとりに最適のプランを提案してもらえます。保険選びに迷われている方は、一度、保険のビュッフェの無料相談を利用されてみるのも一つの手です。

保険のビュッフェのおすすめ「死亡保障付きの保険加入のメリット」

必要十分な保障額を確保

死亡保障付き保険加入のメリットは、遺された家族の生活を安定させられることにあります。その目的を果たすためには、必要十分な保障額を計算することが大切です。公的な保険や会社の保障制度が充実しているときは、あまり多額の保険に加入すると、保険料が高くつき家計に響いてしまいます。

しかし万が一の際に、生活費が足りなくなることは避けねばなりません。どの程度の死亡保障が適当かは、家族構成やライフプランによっても大きく変わってきます。保険のビュッフェの専門家とも相談して、慎重に判断しましょう。

 

終身保険と定期保険の併用

いわゆる生命保険には終身保険と定期保険があります。終身保険は解約したとき返戻金があり、貯蓄としても利用できますが、短期間で解約すると元本割れする可能性が高くなります。定期保険は掛け捨て型ですが、少額の保険料で大きな保障を受けられるのが特徴です。

そこで、たとえば独身時代に終身保険に加入し、結婚して子どもが生まれたら、幼いうちだけ定期保険を追加するといった利用方法も考えられます。いろいろなケースを想定し、保険のビュッフェでシミュレーションしてみれば、満足できるプランが見つかるでしょう。